忘れたくない事なので向き合ってみました。

ゆっくり起きた日曜日。

 

朝からシオモニは양평のお寺に行くと言ってて

長男次男もついていきたいと言うことで、

お見送りしてから二度寝💤

 

チュソク連休も今日で終わりなので

心置きなく寝ておきました👍

 

 

しっかり寝たのに、身体が痛いのは何故🙄

 

 

동해旅行記録の途中ですが、

今日はちょっと違う話をしようと思います。

  

 

誰にでも失敗や過ちはある、と思うけど

私もほぼ毎日何かしらミスする。

白系の洗濯に色物混ぜちゃったとか、

学校の連絡メール見落としたとか、

シオモニに頼まれたもの忘れちゃったとか。

 

でも先日。

久しぶりに自分に幻滅を覚える失敗をしてしまいました。

 

家族でチョッパルを食べに行った時のこと。

 

その時の息子達の会話を添えてツイートした文章の中で、私は良くない言葉(差別用語)と

それを咎めもせずに笑ってしまったというような内容でした。

 

チョッパルに似た言葉なので、

わかる人にはわかると思うのですがここでは書きません。

 

 

言葉遊び、ダジャレみたいな感じで

例えば『テジ食べたらテジがテジ(豚食べたら豚になる)』とか、

『マヌル(にんにく)がヌルヌル』だとか、

似た言葉を重ねてどんどん遊んでいたのですが。

 

そんな中で、良くない言葉を使ってしまったんですよね。

 

小学生の息子達、正直あの言葉がどれだけ悪い言葉だったのか、あまりわかっていません。

 

ちゃんと教えた事もなかったかもしれない。

 

でもどこかで聞いた『日本人はそう呼ばれていた』記憶とチョッパルという響きが似てるというだけで

何も考えずに言った言葉だと思うんです。

 

 

そこで、普通の母親だったら

『そんな言葉は言っちゃダメだよ』と

しっかりと咎めるだろうに、

 

私は『へぇ、どんどん出てくるね』と

咎めもせず、叱りもしないところか

それを何も考えずにツイートしてしまいました。

 

 

一夜で沢山の方々に

 

『その言葉は良くないです』

『差別用語だということを認識してください』

『自分もその言葉で傷付いた事があるので笑えません』

等と、ご指摘を頂いて。

 

私は本当に、自分は軽率で考えが浅はかだったと

自分に幻滅を覚えました。

 

中には『そのダジャレ懐かしい』等と言う方もいたけど、色んな立場の方々がいる中で

悪気なく差別用語を綴ってしまったことに

自分が怖くもなったし、

自分にがっかりもしたし、

 

普段子ども達に『ひとを傷付けることを言ったり書いたりしてはいけないよ』と教えてる癖に

 

自分が最も関わっている日韓間の『差別用語』を何の気も止めずに見過ごしてしまった事。

 

昨日は、息子達にいっぱい謝った。

自分に認識の甘さや、感覚にズレというか歪みがあることを恥ずかしいけど息子達にも話した。

 

 

息子達も『ただの昔の呼び方だと思ってた』らしく

この子達には全く悪気がなかった。

悪いのは、私たち両親がしっかり善悪を教えてあげていなかったこと。

 

 

でもこの子達が今後、親のいない場で

悪気もなくその言葉を発してしまったとしたら…

そう考えたらゾッとした。

 

 

息子達は日本も韓国も大好きです。

 

でも長男は色々とややこしく、日本国籍しか持っていなくて韓国籍を持つには帰化しないといけない。

 

なので長男に限っては『自分は日本人だ』という意識は少なからずあると思う。

でも韓国で一生懸命適応して生きてる。

  

次男、娘も(三男はまだわからない)

日本と韓国で暮らして、両方の良さも知ってて

色んな葛藤があると思う。

でも日本と韓国の両方が好き!だと言う。

 

そんな風に頑張って暮らしてる子ども達。

  

私達は母親だから子ども達がどんな子かを知ってるけど、知らない人から見たら

息子が言葉遊びとは言え発した『差別用語』

この一言だけで、息子への印象がいっきに変わってしまう恐ろしさ。

 

 

子どもには悪気がない。

だからこそ、教育ってとてつもなく大事で重要で必要ものなんだなと今回痛感しました。

 

 消しても、自分のした言動は変わらない。

 

 

今回のツイートがどんどん拡散されていき

私への印象も変わり、フォロワーさんも減っていくんだろうなと思ったけど

自業自得というか、それも自分への戒めになると考えていました。

 

 

でも今回、ご指摘して下さった方々が皆

良心ある言葉を持って私に教えて下さった事が

私にはすごく心を動かされるものであって。

 

とんでもないお叱りの言葉を頂いても仕方がないと思っていたのに、

自分の経験や過去の出来事を教えてくださったり

最後には『理解戴けてありがとうございます』という言葉も…

 

 

Twitterやブログって、ネットの世界だし

実際に会ったこともなければ

中には顔も知らない、そんな空間だけど

私は日々すごく気付かされる事が多いです。

 

 

今回も、

『生きていたら、こんな事もあんな事もあるでしょう。とても落ち込まないで下さい。』

というような暖かいお言葉も戴いたり

昨日はちょっと泣いてしまいました。

 

 

 

まわりに恵まれていたのもあるし、

運が良かったのもあると思う。

 

子ども達が他所で何気なく発してしまう前に

気付けて本当に良かったし、

私自身の軽率さも、未熟さも、無知さも

まわりに露呈してしまったけど

指摘や訂正や教えてくださる方々がいる環境に

本当に感謝をした一日でした。

 

 

足りないことが多い私ですが、

出来るだけ多くの事を知っていきたいと思う。

  

勉強とか知識だけじゃなくて

色んな立場からひとの気持ちとか痛みをわかってあげられるように。

 

 

長くなってしまいましたm(_ _)m

 

↑昨日です。

 

知らなかった事を知れること。

間違いを正してくれること。

教えてもらえること。

 

恵まれてる時代だなと思いました🍀

 

 

母親としても大人としても

自信を失くしてしまいそうになる瞬間があるけど

『生きていたら、こんな事もあんな事もある』

そう思って、自省し過ぎず

いつもの元気(?)な私に戻ります💪

 

 

次回は明るく会いましょう🤗🤗

読んでくださり、ありがとうございました🍀

 

 

“忘れたくない事なので向き合ってみました。” への2件の返信

  1. わたしは日本生まれ日本育ち韓国在住の日韓ハーフです。元のツイート見てました。わたしはその言葉こそ使わないものの、きむさおさんや、息子さんと同じくらいの感覚だったので、なんとも思わなく、流し見したのですが、その後の展開を見て、どれほどよくない言葉なのか改めて認識することができました。

    1. はじめまして。コメントありがとうございます!!
      日韓ハーフのお方なのですね^^
      そしてまさに私の子ども達と同じ境遇ですね。

      良くない言葉だとわかっていたのに、子ども達に指摘しなかったことが情けないし申し訳ない気持ちでした。
      何気なく冗談でも言ってはいけないくらいに悪い言葉だと教えてくださり、指摘して下さった方々には感謝しかありません。
      失敗だとは今でも思っていますが、繰り返さない、今後も色んなことを学んでいきたいと思います。
      子ども達と同じ立場からの貴重なコメントをありがとうございました(*^.^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です