保護猫のおはなし。

こんにちは(^^)/

私の口内炎も落ち着きましたが、娘はまだ自宅待機している我が家です。

でもブツブツも熱もないし、本当に手足口病だったのか?疑問です(゜゜)

今回は久しぶりに保護猫ちゃんの話をしたいと思います🐱

【出会いは6月14日(金)】

赤ちゃん野良猫と出会った話。

あの出会いからあっという間に半月が過ぎました。

御覧の通り、めちゃくちゃ元気に遊んでます。

イモの家にはわんこが4匹いますが、
猫の動きってやっぱり全然違いますね。


今はこんなに元気にしていますが、
子猫にとって、私たちにとって
一度つらい時期がありました。






日中はオッパの事務所で、
夜はイモの家で過ごしていた子猫。

事務所には私も行って
出来るだけのお世話をしていました。

かわいそうに見えるかもしれないけど、
まだ自分で食べられない子猫には
こうやって注射器で強制的に食べさせていました。




私が拾ってきた子猫なのに
常にお世話をしてくれたのは従姉妹のナヨンで。
(ナヨンはオッパの事務所で働いてる)

まだ23歳で今時のかわいい女の子なんですが
ずっと子猫のお世話をがんばってくれていました。



いつも私がナヨンに
『子猫を見てくれてありがとう
そして負担を増やしてごめんね』

と謝ると

『謝らないでください^^』
『子猫のおかげで毎日楽しいです』

そんなことを言ってくれる
心優しい子なんです。





事務所でも、家でも
子猫を一生懸命見てくれて

私も安心していた頃。





6月21日(金)

ナヨンから朝方
『子猫が弱っているので病院へ行きます』
と連絡がありました。





朝子ども達を見送り、
もう一度ナヨンに連絡をしてみました。



『子猫、すごい痛いみたいで、
死んじゃうかもしれないと先生が言ってました』



私は子猫のいる動物病院へ駆けつけました。





最初からお世話になっている病院と獣医さん。

病院へ行くと、診察室ではなく治療室へ案内されて
そこで説明を受けました。


個室の中にいる子猫は
首あたりに点滴をされ包帯で巻かれて
横たわっていましたが

私の声が聴こえたのか
ミャーっと鳴いてくれました。



先生の説明では、

『非常に衰弱しています。
今は点滴していますが、今日の夜には
(空に)行ってしまう可能性がすごい高いです。
野良の子猫は気づかないうちに体調が変わるので、
育てるの難しいんですよね。』


説明を聞きながら、
子猫を見ながら
ずっと泣いていました。


『でもこの子、
まだ自分でご飯を食べるんですよね。
それだけが望みです。』


最後に先生が、
希望の言葉を言ってくれました。




直後に昼休みのオッパとナヨンが来てくれて
ナヨンも子猫と対面しました。


私はナヨンに本当申し訳なくて、
『私のせいでつらい思いさせてごめん』と
泣きながら謝りました。

それでも
『オンニのせいじゃないです』と。


ナヨンは、静かに涙を流していたけど
『けんちゃな~あっぷじま~』と

子猫に優しく声をかけていました。




夜中でも状態が悪化したら連絡をくれるとのことで
私たちは病院を後にしました。


それからそれぞれの場所へ戻り、
色んな事を考えました。




あの時、保護したから子猫は助かった。

でも私が面倒見られないから
ナヨンが引き受けてくれた。

一生懸命、育ててくれた。

でも子猫は弱ってしまって
もしかしたら死んじゃうかもしれない。

もしそうなったとしても
子猫は最期の何週間かナヨンの愛情を知って
幸せだったんじゃないかと思った。



でもナヨンは?


感じなくても良かったはずの罪悪感とか
つらい思いとか、
心優しい子だから絶対に苦しいと思う。


そう考えたら本当に本当に
ナヨンに申し訳なかった。





その日、
ニュースで石田ゆり子さんが保護した子猫が
天国に行ってしまったという話を見ました。


オッパも言っていた
“命を救う事って簡単なことじゃない”

子猫の状況と重なって
本当に苦しかった。





夜にまたナヨンは病院へ行き
子猫に会いにいっていました。
後ろむいちゃってるけど、
自分で動けるくらい回復はしたみたいでした。


食べるし反応するし、
朝よりは回復した様子でした。

でもまだ油断はできないと。。




この夜はスマホが鳴る度に
ソワソワしながら過ごしました。




22日(土)

連絡はなく朝になり、
ということは子猫はまだ大丈夫ということ。




そしてナヨンが病院へ行くと
昨日よりかなり元気になったということでした!!

まだ心配なので入院はするけど
この調子で元気になって!!



そんな中、三男が手足口病にかかり…


23日(日)

病院から連絡が来て、

『回復して元気になったのでもう退院できます』
と!!





子猫の回復力…生命力…凄い。

初めて保護した日
21日のあの日

2回『もうだめかもしれないです』と
宣告されながらも

こうやって回復して乗り越えて…

この子猫は、生きたいんだと
伝わってきました。




三男が手足口病のため
会いに行けなかったけど

ナヨンはすぐ子猫を迎えに行っていました。





見てください、この姿。

完全にわんこの子になっています。

退院してから、
ワンコたちも喜んだそう。

毛布とか布団とか好きみたいです。
かわいい…

【吾輩はマルである。】

ナヨンのお腹の上でゴローン。

子猫だからか、甘えん坊で
性格がワンコみたいらしいです。




今まで一時保護だからと、
名前はつけていなかったんですが

この出来事があった時に
『마루マル』とナヨンが名付けました。
(ナヨンは少し日本語がわかります)


猫って、丸くなるじゃないですか♡
あと、丸々と大きくなって欲しい。

ちなみに마루は韓国語で床という意味があります。

確かに最初、床(道)にいたからね。


ということで、
かわいいかわいいマルちゃんです◎


幸せだね~♪



退院してから、食べる量も増やし
最近は一番小さいワンコと同じくらい大きくなったそう!
この座り方、可愛すぎる。。。

こんな無防備に寝る~??♡
かくれんぼも上手♡

わんこの部屋?もちゃっかり♡



あの道端で弱っていた子猫。

かわいそうだと言われながらも
みんなに通り過ぎて行かれても鳴き続けていた子猫。


今では暖かい部屋で
おいしいご飯とミルクの飲めて、
家族に囲まれて

痛くなったら一緒に悲しんで
元気になったら喜んでくれる、

そんな場所で幸せに生きてる(:_;)

イモとナヨンには本当に感謝です。










マルと出会ってから
野良猫?に反応するようになった私。




我が家の近所にも野良猫がいるのですが
すごい人懐っこいんですよね。


昨日は堂々と庭にいました。
気持ちよさそうにゴローン。

え、かわいい。。

日向ぼっこしているのかな?
猫はいいなぁと思っちゃう。

キレイだし、健康そうだし野良猫じゃないかもね。




マルの出来事があった時も
スピッツに支えられていたのですが。

猫になりたい

これを聴いてめっちゃ泣いてました。

良い歌なので聴いてみてください♪



そんな感じで、
保護猫マルのお話でした◎



今日も読んでくださりありがとうございました♡

6 Replies to “保護猫のおはなし。”

  1. よかったですね(涙)
    ほんと生きたいですよ
    誰も悲しませたくないと思ったかもしれませんね
    今からどんどん大きくなりますよ
    ずーっと見守ってあげてくださいね

    話はかわりますけどこんどブログにうちの武蔵を載せてみますね
    その時はのぞいてくださいね

    1. ありがとうございます~(:_;)
      本当良かったです。。ダメかもしれないと考えたけど
      子猫はがんばって乗り越えてくれました。
      小さな子猫でもかわいいけど、今はただただもっと大きく元気に育ってほしいと願うばかりです。
      もちろん!!子猫は家族みたいになってますので♪
      いつも見守ってくださり本当にありがとうございます♡

      武蔵くん是非見たいです~!!
      凛々しそうなイメージなのですが(*´Д`)

        1. すぐ見に行きましたよ!!武蔵くんやっぱり想像通り凛々しいですね♡
          そして3年前拾った時は小さな子猫ちゃんだったんですね。。(:_;)
          優しい娘さんに拾われて武蔵君は幸せですね!!
          名前も娘さんがつけたんですか??
          うちのマルも、武蔵先輩のように大きくたくましく育ってほしいです。
          それにしても、動物って本当にかわいいですね><♡
          載せてくださりありがとうございました♪

  2. そんな大変な事が起きていたのですね!でも元気に回復されて本当によかったです。ナヨンさんとご家族、動物病院の先生に感謝です。梅雨の季節動物も人間も体調崩しやすい時期かと思います。どうぞお大事にしてくださいね!
    まるちゃん、まるまるになってきて可愛いくなってきましたね~~

    1. コメントありがとうございます♪
      そうなんですよ。。。命について深く考えた数日間でした。
      今は元気になり、どんどん大きくなっていて本当良かったです(:_;)
      ナヨンの家族には、頭が上がりません。。本当に動物が好きな人って、心も優しいんだなと感じました。
      梅雨って関係あるんですね!我が家は手足口病からやっと回復しましたが引き続き気を付けます!
      まるまるマルちゃん◎これからも見守ってやってください~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です