【2020帰省記録】色々な想い①

のんびり日曜日を過ごしています🐤

↑昨日初めて食べたんだけど、ホワイトチョコ好きはハマるお菓子だと思う😳😳

 

コロナウイルスに関するニュースで、

【韓国での感染者が556人になった】というのを見てもういよいよ全国レベルになってきてるんだなと..

 

怖いけど、自分で出来る限り防いでいくしかないんですよね。

 

いきなり爆発的に感染が広がった経路を知ったら

なんだかため息が出てきてしまう。

 

だけど日本でも韓国でも、最前線で仕事をしてくれてる人がいるから自分はこうやって安全な家でただ報道を見てあーでもないこーでもない言っていられるんですよね。

 

今は自分に出来ることをしっかりやっていこう。

今回も【日本帰省】の思い出話を😊

 

私のお母さんは66歳で、何度かここでも書いていますが2年前に脳出血で倒れてしまいました。

 

約半年のリハビリを受けて日常生活を送れるほど回復しましたが、倒れてしまった当初は

『右半身に障害が残るかもしれない』

『高次脳機能障害のような後遺症が残るかもしれない』と言われていました。

  

私はどんなお母さんでも生きてさえいてくれたらそれだけでいいと思いながら韓国から祈っていましたが

お母さんの頑張りと、お父さんと姉と叔母と友達、リハビリの先生方の支えがあってどんどん回復して今に至ります。

 

回復したとは言え、全快ではないです。

 

前みたいに1日中おでかけしたりも出来ないし

家事もゆっくりのんびり、手抜きしない性格だったけど最近は良い意味での手抜きも感じます。

そして、前みたいにそんなにお喋りもしない。

 

お母さんは元々、すっっごいアクティブでお喋り大好きな性格だったのでその頃のお母さんを知ってるから正直切ない気持ちにもなります。

 

実際に

『話したいことがあってもパッと頭に言葉が浮かんでこないのよ~』

『友達と会う時も何人かいたら良いんだけど、1対1で会うと喋らなきゃって考えちゃうから疲れちゃうんだよね』と言っていて。

   

あとお父さんが退職したのでずっと家にいるから

前みたいに友達呼んだり出来ていないみたいで

この2年でガラリとお母さんの生活が変わってしまったんですよね。

 

2年前までは私達が近所に住んでいたし

週末は泊まりに行ったり、長男なんかは学校帰りに友達連れて実家へ遊びに行ったりしてたので

賑やかだったし、何より直接顔を合わせてお話できるという環境が幸せだった。

 

 

でも私達も離れてしまって、私の姉も兄も遠くに住んでいてお母さんに寂しい想いをさせてしまってる現状に、いつも申し訳ない気持ちを持っていました。

 

今回もそうゆう気持ちで会いに行ったんですが、

1年ぶりに会ったお母さんに少し変化を感じました。

 

それは”私たちに対して良い意味で関心を持たなくなったなぁ”と感じました。

 

もちろんすごい子ども達のことを可愛がってくれてるし愛してくれてるのも伝わるんだけど、

干渉みたいなことは一切しない。

 

お母さんに『最近ハマってることは?』と聞いたら

『うーん、やっぱり韓国ドラマ見たりかなぁ』と言っていて。

『今は●●ちゃん(姪)もいるし、さおり達もいるからそんな見れないけど、みんなが帰ったらいっきに見たいドラマ見るよ^^』

と笑っていて。

 

私はそんなお母さんを見てちょっと安心しました。

 

お母さんはお母さんで、ちゃんと自分の好きなことや楽しいことを見つけて過ごしているんだなって。

夜にお母さんとNetflixで韓国映画やドラマを見ながら晩酌したり、楽しかった。

 

お母さんの好きなものが”韓国に関すること”で

まさに自分が住んでるところは”韓国”で。

 

離れているけど何だか繋がってるような気持ちになりました。

お母さんが1番好きなクォンサンウ。

ファンミにも行ったことあるほど。

お母さんの部屋にはハングル表も😂😂

お母さんは韓国料理も好きだし、ハングルもおもしろいと言って勉強したこともあるから

時代が違っていたら、お母さんも今の若い子達のように韓国留学したりしてたんだろうなと思う。

 

日本に滞在してる間、少しでも韓国気分を味わってほしくて

 

海鮮チジミ
カルビチム
ケランチムをオッパと作ったり。

ある日のお昼には、

チーズトッポッキ。

そして最終日の夕飯は、

またまたオッパと一緒にチーズタッカルビを作ってみんなで食べました。

 

お母さんも喜んで美味しく食べてくれて嬉しかった😊

 

前にもブログで書いたけど、自信をなくしてしまったお母さんに自信を持たせる作戦!のつづき。

 

お母さんは元々キレイな顔してて、若々しかったから多分自分でもおごりがあったんだと思うんですが

スキンケアとかしっかりしてこなかったので

20年くらいずっと同じ化粧品で、特に保湿もせずにザ・シンプルだったんです。

 

でもそれが良いと思ってやっている訳ではなくて

『ママなんか、今さらどうやっても同じだから…』というネガティブな理由だったので、

変えてあげたい(°∀°)💡と思い立ち。

 

家にある化粧品、私の化粧品、姉の化粧品を駆使してお母さんをキレイにしてあげました。

髪も巻いてあげてふんわりと。

お母さんも嬉しそうで良かった。

 

でも『これを一人で出来ればいいんだけどねぇ』と嘆いていたので、コツを教えてあげたり

CMでやってた大人のBBクリームを買ってみました。

 

安いわりに良さげな感じで◎

お母さんも『あら、シミ消えたらキレイに見えるね』と言っていたので韓国に来たらシミとりもしてあげたいな😳😳

 

長くなってしまったので次に続きます🐾🐾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です