【2019秋】念願の釜山、旅の終わり。

釜山旅行1日目

釜山旅行2日目

2泊3日の釜山旅行もこれで最終日。

ゆっくり起きて、ゆっくり準備。

部屋を出る最後の最後で
洗濯室をみつけた。

普通に部屋として使える感じ(笑)




こんな家に住んでみたいな♡
というのを疑似体験できたホテルでした。






ちなみに10月中旬の釜山は
日中は薄手の長袖ワンピースで過ごせて
夜は薄いニットでちょういいくらい暖かかったです。

息子達はTシャツだけで過ごしてた( ゚゚)





チェックアウトして
釜山の素敵な景色も見納め…


と思ったけど、
ブランチをしてから帰ることに。




海雲台あたりに移動して
インパクトがあるお店へ。

店内も派手派手( ゚゚)

まさにジャンクな雰囲気。

目の前には海雲台。

シカゴピザ。

パスタとポテト。

カルボナーラ。

シーザーサラダ。


ジャンクでボリューミー!!!
子ども達もよく食べてくれました☺



釜山はテジクッパが有名らしいけど
私はつわりの前兆か、あまり食べたくなくて
オッパだけ夜に出前して食べたんですよね。

だから次回釜山へ行ったら
絶対に食べたい!!!




せっかくだから海雲台へ。
街中に海があるって、
やっぱり素敵で新鮮だなって思いました。



いつも海へ行くとなると、
海水浴や潮干狩りがメインだから
何よりも荷物も多いし、
日焼け防止とか熱中症予防とか
子ども達の安全を気にして注意しなきゃいけないので
気が張っていたんですが。


海雲台の海は、
ぷらっと普段着で身に行けて
オシャレな海だなぁと思いました。


夏の海雲台も、また雰囲気が違いそうなので
次回は夏に行ってみたい♡




カフェでコーヒー買って、
出発!!!

バイバイ海雲台。



釜山の景色を目に焼きつける。
良い天気だったし、
そんな色んな所には行けなかったけど
釜山、良かったなぁ~。

あとは帰るだけだな…と
ホッとしたような寂しいような。





するとオッパが、
せっかくだからどこか寄ってみよう!と。


そして有名なお寺へ行くことに。



途中からなんだか独特な雰囲気を感じました。
自然が多い道を行くと、
住宅も。
見る限り全てが瓦屋根。
ガソリンスタンドも瓦屋根。

ガソリンスタンドの塀も瓦屋根。


コンビニとかも瓦屋根になっていて、
多分昔からの雰囲気を大事にしているのかな?と。



田舎のような道を行くと、
車は山の中へ。


少しずつお寺っぽい雰囲気がしてきた。



とにかく、山をひたすら登ったから
雲が近くて…

無知でバカだから
『酸素大丈夫かな?』って心配になった(笑)





ほら!!
こんなに空が近いんです( ゚゚)
でも普通にご年配の方もいたので
大丈夫なんだ…と安心(大馬鹿)

雲、近い。


雲、近い。

雲、近い。




山の頂上にあるお寺。


そこに鐘があるので、みんなで体験。
ゴーーーン。


ゴーーーン。


息子たちは、
『ソーセージみたいww』って笑ってました☺

確かに(笑)



娘もゴーーーン。



ブレスレットとかキーホルダーの
お土産を買って出発。



山を降りていく。



ここらへんは餡子のパンが有名らしく!!
いっぱい似たようなお店が並ぶ中、
一番有名な店に行ったんだけど売り切れ。


本店に行けばあるらしく本店へ( ゚゚)


こうゆう時、私なら
似たような店で買っちゃえばいいのにと
妥協しちゃう性格なんだけど
オッパは何が何でも買いに行く性格。



そしてまた走らせて
本店へ到着。

韓国でよくあるまんじゅうなんだけど
これがさすが有名店!!!

餡子が甘すぎずで、本当に美味しい◎


これは本店に行ってまで買った甲斐があった!!



さすがに帰らないと…


だんだん日が落ちてきて
田舎だから夕焼けも余計にキレイでした。





子ども達も寝て、
あっという間に外も真っ暗。



途中、サービスエリアで。
夜ご飯を食べました。

最後にガチャポンもして、
子ども達も楽しめたみたい☺




そんな感じで、無事に自宅へ到着。

帰宅してから、現実に戻って
疲れがドッとやってきたけど(笑)


初めての釜山、一言で言うと
最高だった♡





『次回は赤ちゃんも一緒だから、
3年後くらいに行けたらいいね』

ってオッパと話してたんです。



長距離運転だから、
ある程度赤ちゃんが大きくなった方が
色々安心なので。


でも流産してしまったので、
そんな心配事もなくなっちゃって
寂しい気持ちにもなります。



おなかに赤ちゃんを授かってから

양평 임실 부산

へ行ったんですが、

偶然の予定ができて
こんな短期間にこんなに色んな所へ行って

産んであげられなかったけど
赤ちゃんといっぱい旅行できた気分です。


旅行が好きな子だったのかな、って。




そんな色んな想いを持ちながら過ごした釜山。

これもまた、人生で忘れない思い出になりました。




釜山、また行こう☺






釜山旅行記・終

読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m

2 Replies to “【2019秋】念願の釜山、旅の終わり。”

  1. はじめまして!
    まず、お体大丈夫でしょうか?いきなりすみません、この状態にも関わらず。
    実は数カ月前からブログを拝見させて頂いて、、、いまはシオモニと関係が良くなって良かったなと思います。
    はじめ、なぜこんなに我慢できるのだろう?読んでてシオモニが理不尽すぎて、特に宗教の信仰の仕方の押しつけ?て書いてあった時点でアウトなんでキレますね、私なら。
    立派すぎて、申し訳ないなと。
    かくいう私も同居なんですよね。周りに同居ではないのは、もちろんのこと、ブログにしてもそうだし。居ても偏見ですが同居と言えば東南アジアの方々で、日本人なんて無いに等しいくらい同居の方はいないですね。。
    みんな凄い脳内花畑だから苦労すればいいなんて思ってた中、さおりさんのブログ見て申し訳なりましたね、私と比べ物にならないくらい苦労されてて言葉になりませんね。
    特にシオモニの口調てきつく感じちゃうんですね。本人はそうじゃなくても。
    例えば라~、해야지、~지 말고..あと면 안돼とか。もしさおりさんが言われて無ければすみません。
    こんな言い方されてるのって私だけ?って思っちゃうくらい嫌になりますね。
    YouTubeとか見てても、シオモニと仲良しっていう人ら見ると悲しくなりますね。どうせ同居したら、おまえらもシオモニと仲良しなんて言えないだろうって。。
    どうしたら、さおりさんみたいに我慢?できるようになりますか。シオモニのせいで離婚とか嫌だし。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です